愛犬家通信 vol.85

ワンちゃんにとって夏の暑さは本当に厳しいものです。外に行くと、アスファルトは焼けるように熱いのに、室内は冷房で冷え冷え。 私たち人間もそうですが、この温度差によって、ワンちゃんも必要以上に体力を消耗しています。夏バテのワンちゃんによく見られる症状としては、下痢をしたり、 ご飯をあまり食べなくなったりというものがありますが、早めのケアとしてマッサージがおススメです。体力を消耗したワンちゃんのお腹や背中を 優しくマッサージしてあげることで、消化器官が正常に活動してくれて、食欲アップ!元気もアップ! 大好きなワンちゃんとのスキンシップも増えて、 みんな笑顔になれるお手軽対処方法です。

夏のマッサージ

マッサージのポイント 〜背中〜

背中のマッサージは、心と体の疲れの両方に効果をもたらしてくれます。脊柱の両サイドへの刺激は自律神経に働きかけ、 ストレス解消に効果的です。
また背中には、人間同様たくさんのツボがあり、主に内臓に働きかけるツボが点在しているので、食欲の落ちたワンちゃんにおススメです。

【 やり方 】
・ 左右の2本の指の腹で、脊柱を挟むように軽く圧迫(このとき、脊柱に負担をかけないように、あまり強く刺激しないように。 特にダックスフンドなどの胴の長い犬種はヘルニアになりやすいので注意)。
・ 左右の4本の指の腹で、助骨の間の筋肉を背中からお腹の方へ押し滑らせます。ピクピク反応があったらそこに老廃物が溜まっているので、何回か マッサージして取り除いてあげます。

マッサージのポイント 〜お腹〜

お腹はワンちゃんの急所部分。信頼関係ができていないと嫌がることもありますが、お腹への刺激はワンちゃんにとって、とても気持ちいいものです。 胃腸系の働きを活発にし、下痢や便秘をしやすいワンちゃん、吐きやすいワンちゃんにおススメのマッサージです。

【 やり方 】
・ 首の付け根からお腹に向かって、手のひら全体でゆっくりと撫でます。
・ 下腹部を時計回りに円を描くように、手のひら全体でゆっくりと刺激します。

 

このページのトップへ