愛犬家通信 vol.1

今年もクリスマスカードや年賀状を作成するのにワンちゃんの写真を撮ることはないでしょうか?
第1回目は上手にワンちゃんの写真を撮るポイントです。

愛犬の写真をもっと上手に撮りたい!!

1.まずは動きのない写真に挑戦してみましょう

日常のさりげない愛犬の行動や仕草ほど、心を和ませてくれるものはありません。
なにもしていない普段の愛犬やぐっすり眠っている愛犬の姿を、いろんな方向や角度・距離から撮影してみます。そんな写真が、表情豊かで、後々一番、愛犬の成長記録を伝えてくれます。

2.基本の動作を教えておきましょう

ワンちゃんだけの、ここぞと言う記念写真を撮りたい場合、やっぱり「おすわり」と「待て」は必要かも・・・。
特に「待て」は、写真を撮るほんの少しの間でいいので、普段から練習させておくと役立ちます。
その時に飼い主さんは完ぺきに準備して撮ろうと考えないことがコツ!少しでもワンちゃんを待たせないためにも、何でもいいから撮り続けていると、中には完ぺきな1枚があったりしますよ。上級のワンちゃんには、さらに視線をこちらに向ける「見て」も教えてみて下さい。

3.動きのある写真に挑戦

遊んでいたり、走っていたり、スポーツをしていたり・・・とやっぱり自然に動いている写真は、生き生きとしていますね。
プロのカメラマンのように特別な器具やテクニックがない分、とにかくたくさんシャッターを切ること!ここがポイント!
また、狙った場所に愛犬が来るのを撮る場合、デジタルカメラならシャッターを半押しにしてチャンスを待ちましょう。

 

このページのトップへ