地震対策

3構造の違い

地震対策には3つの構造があります。

耐震構造

◎建物全体を硬く固定することで、衝撃に耐える構造

建物の耐力壁を増やしたり、接合部を 固めて建物の骨組みで地震に耐える工法。
地震の揺れに対して、真っ向から耐える仕組みです。

耐震構造

制震構造

◎建物の一部に可動部分を設け、
  衝撃に耐える構造

土台と梁の中間に設置した振動吸収装置
(オイルダンパ)が建物の振動を吸収して、
建物の揺れを軽減する仕組みです。

制震構造

免震構造

◎建物全体を可動体とし、衝撃に耐える構造

基礎部分に免震装置を入れて、建物と地盤を
切り離し、地震の揺れを「ゆったりとした」揺れ
に変える仕組みです。

 

免震構造

当社では耐震構造を標準とし、それにプラスして下記2つの工法を下記の会社と提携し行ってます。

免震工法

免震は、基礎と鉄骨床梁の間に免震装置を設置することにより、
地震の揺れを伝えにくくする工法です。
地盤と建物が分離されているため、地震の揺れが直に伝わりません。
衝撃が少なく、建物と室内の両方が守られます。
詳しくは、下記LINKよりTHK株式会社HPをご参照下さい。

 

THK株式会社→

免震工法

制震工法

高島(株)Webより抜粋、無断転載を禁ず

制震は超高層ビルなどの地震対策に広く使われるオイルダンパ
(製造:日立製作所)により、地震で家屋が揺れる力を吸収し、
被害を抑える工法です。
地震で建物が左右に動こうとする運動エネルギーをオイルダンパ
内部で、熱エネルギーに変えて抑えます。
詳しくは、下記LINKより高島株式会社HPをご参照下さい。


  高島株式会社→

制震工法

オイルダンパ

 

このページのトップへ