家づくりのこだわり「地盤・基礎」

地盤調査・地盤改良工事

建物を建てるにあたって、目に見えない地中の状況を把握することは、とても重要なことです。

当社ではスウェーデン式サウンディング試験を採用し建物の四隅と中心の5ポイントを全棟調査しています。試験の調査報告書をもとに土質に合った経済性を考慮した地盤改良を施工します。

地盤対策工事「適切な方法で最良の地盤改良を施します」

地盤対策工事:表層改良工法・柱状改良工法・鋼管杭工法の図

  1. 1:表層改良工法

    軟弱層が薄い場合に行います。軟弱層にセメントなどの強固材を混ぜ合わせ、土の強度や圧縮性を高めます。

  2. 2:柱状改良工法

    軟弱層が2m〜8mの場合、良好な層まで柱状の改良杭を打設し、その上に通常の基礎を組みます。軟弱層にセメントなどの強固材を混ぜ合わせて、土の強度や圧縮性を高めます。

  3. 3:鋼管杭工法

    表面に軟弱層があり、良好な層まで距離が大きい場合や、建物が切土と盛土にまたがる場合に、鋼管を打ち込み基礎を支える方式です。

基礎 - 構造的にも強く、不同沈下に対して効果的なベタ基礎を採用

基礎構造図

建物下の地盤全体に鉄筋を200mmピッチで配筋し基礎底部が1枚の耐圧盤となり建物の荷重を面全体で地盤に伝えるため、荷重が分散され、より高い支持力を発揮します。

写真:地盤

写真:鉄筋

 

このページのトップへ